宮城のニュース

<ベガルタ>ミスで攻め手欠く 最終戦、広島に0−1で敗れる

広島−仙台 最終戦を勝利で飾れず肩を落とす仙台の選手(佐藤将史撮影)

 最終節(7日・エディオンスタジアム広島ほか=9試合)仙台は広島に0−1で敗れ、12勝5分け17敗の勝ち点41、11位で今季リーグを終えた。

(2)Eスタ(1勝1敗)
広島 1 0−0 0 仙台
     1−0
▽得点経過
 後33分 1−0 レアンドロペレイラ(6)
▽観衆 13,228人

 仙台が攻め手を欠いて敗れた。放ったシュートはわずか4本。広島にボールを圧倒的に保持され、奪ってもミスが続いてカウンターが終始不発だった。シュート18本を浴びた守備は粘り強く耐えたが、後半33分にレアンドロペレイラのミドルシュートで決勝点を奪われた。


2019年12月08日日曜日


先頭に戻る