秋田のニュース

ポインセチア鮮やか 街に師走気分

タワーの前で撮影する来館者。頂上部はサンタクロースが飾られている

 秋田県潟上市の花卉(かき)農家が育てたポインセチアで作った高さ4メートルのタワーが同市昭和の「ブルーメッセあきた」で展示され、訪れた人が写真を撮るなどして楽しんでいる。
 タワーは、赤や白、ピンクの3品種1000鉢を組み立て、クリスマスのプレゼントボックスにリボンを十字に巻いた様子を表現した。頂上部は、高さ2メートルのサンタクロースの人形が箱から顔を見せていた。
 1月中旬まで展示する予定で、花の状態によっては配色を変えることを検討する。男鹿市のパート仙北屋淳子さん(60)は「明るい色が目を引く。心が明るくなる」と笑顔で話した。
 開館は午前9時〜午後6時。連絡先はブルーメッセあきた018(855)5041。


関連ページ: 秋田 社会

2019年12月10日火曜日


先頭に戻る