宮城のニュース

新年に向け、縁起物作りピーク 塩釜神社

みこたちが心を込めて準備する縁起物

 宮城県塩釜市の塩釜神社で、来年のえとにちなみ、ネズミの縁起物やお守りの準備が最盛期を迎えている。
 幸先矢(こうさきや)、熊手、福扇など縁起物を約2万個作製する。みこが矢に塩釜桜の飾りやネズミの絵馬を取り付けるなど、手作業で一つ一つ仕上げている。
 人気の「うまくいくお守り」はネズミの飾り金具を付けて計5万個作り、初穂料1000円で授与する。
 鈴木重和権禰宜(ごんねぎ)は「明るい新年を願い、多くの方々がすがすがしくお参りできるよう準備している」と話す。塩釜神社は約50万人の初詣客を見込む。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2019年12月11日水曜日


先頭に戻る