秋田のニュース

サンタが魚にプレゼント 男鹿水族館GAOで餌やり

魚に餌をやるサンタ姿のダイバー。子どもたちが巨大水槽に近づき、楽しんだ

 クリスマスを前に、サンタクロースの格好をしたダイバーが巨大水槽の中で餌をやる恒例イベントが8日、秋田県男鹿市の男鹿水族館GAOであった。
 マダイやブリ、アオウミガメなど約40種2000匹が泳ぐ「男鹿の海 大水槽」に赤い服と帽子姿で登場。クリスマスプレゼントを手渡すようにシシャモなどの餌を与えた。
 横15メートル、深さ8メートルの巨大水槽にサンタが姿を現したのは10分程度。しばし、クリスマスの華やいだ雰囲気に包まれ、歓声や拍手が湧き起こった。
 サンタと魚が戯れる様子に見入った秋田市の泉小4年渡辺尊斗君(9)は「餌をたくさんまいていて驚いた。楽しかった」と笑顔で話した。
 クリスマスイベントは22日までの土日と24、25日の午後2時から。GAOのホッキョクグマ「豪太」の着ぐるみやサンタダイバーと記念撮影もできる。


関連ページ: 秋田 社会

2019年12月11日水曜日


先頭に戻る