福島のニュース

救助のヘリからいわきの女性落下し死亡 東京消防庁の隊員2人を書類送検

 福島県いわき市で台風19号の救助活動中にヘリコプターでつり上げられたいわき市の女性=(77)=が落下し死亡した事故で、いわき中央署は10日、業務上過失致死の疑いで、救助に当たった東京消防庁のいずれも30代の男性隊員2人を書類送検した。
 事故は10月13日午前、浸水で孤立状態になった自宅から女性を救助する際に発生。書類送検容疑は同日、女性の体を包み込む救助装置のフックをロープとつなげる注意義務を怠り、上空約40メートルから誤って落下させ死亡させた疑い。
 東京消防庁によると、当時は隊員2人がヘリから降下。1人が女性を抱きかかえ、もう1人がフックをロープに付ける役割だった。
 同庁は「改めて深くおわびするとともに亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げる」との談話を出した。


関連ページ: 福島 社会

2019年12月11日水曜日


先頭に戻る