岩手のニュース

一関・中央町と五代町の住宅浸水、水門開放遅れが原因 岩手河川国道事務所

 台風19号の豪雨と河川の氾濫により、岩手県一関市の中央町一丁目と五代町で住宅22棟が浸水した被害について、東北地方整備局岩手河川国道事務所は11日、磐井川に合流する銅谷川の水門を開放するのが遅れたのが原因だったと発表した。
 岩手河川国道事務所によると、台風19号が接近した10月13日午前1時45分ごろ、磐井川から銅谷川へ逆流するのを防ぐため、合流部の水門をいったん閉鎖。午前5時55分ごろ、再び開門する間に銅谷川から住宅地へ越水が発生した。
 水門は国の管理で、当日も操作を委託している地元住民に開閉を指示していた。岩手河川国道事務所は「磐井川と銅谷川の水位情報を関係者間で共有できず、開門操作が遅れた」と結論付けた。
 銅谷川周辺の住宅被害は床上浸水が15棟、床下浸水が7棟だった。詳細な調査を進め、被災世帯に補償する方針。


関連ページ: 岩手 社会

2019年12月12日木曜日


先頭に戻る