宮城のニュース

田中復興相、石巻など視察「雇用創出、力を注ぐ」

亀山市長(左)から復興状況について説明を受ける田中復興相

 田中和徳復興相は12日、東日本大震災で被災した石巻市と宮城県女川町を視察した。復興庁の設置期限が2021年3月末から10年延長される方針が決まったことに関連し、震災復興には産業基盤の整備と雇用創出が重要との認識を示した。
 同市内では旧北上川河口近くに市と国が整備した河川堤防を訪問。亀山紘市長から説明を受けた。
 田中復興相は視察後の取材に「本当の復興を成し遂げるには仕事やなりわいの面で力を注いでいかないといけない」と強調した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年12月13日金曜日


先頭に戻る