岩手のニュース

国立天文台水沢観測所120周年を記念し講演会 岩手・奥州で15日

 国立天文台が奥州市水沢に観測所を創設して120周年を迎えたのを記念し、国立天文台の研究者3人が最新の研究成果を報告する講演会が15日、奥州市文化会館である。
 史上初のブラックホールの輪郭撮影成功で、国際チームの日本代表を務めた水沢VLBI観測所長の本間希樹教授が、観測所の歩みとともに成果を語る。
 RISE月惑星探査プロジェクト長の並木則行教授は「はやぶさ2」プロジェクトについて紹介。天文シミュレーションプロジェクト長の小久保英一郎教授は水沢にあるスーパーコンピューター「アテルイII」を使った最先端の宇宙研究を解説する。
 このほか一橋大の馬場幸栄助教が、緯度観測に欠かせない「Z項」発見など水沢観測所の業績について講演する。午後1時開演、入場無料。連絡先は実行委0197(22)7111。


関連ページ: 岩手 社会

2019年12月13日金曜日


先頭に戻る