宮城のニュース

仙台・西公園でキャンドルライトファンタジー

ろうそくの火をともす親子連れ

 クリスマス前に手作りのキャンドル約8000個の炎が公園を彩る「西公園キャンドルライトファンタジー」が14日、仙台市青葉区の西公園であった。
 小中学校など23団体の児童・生徒らがクリスマスツリーや雪だるまを描いた紙コップにろうそくを入れ、各団体ごとに花や文字の形に配置した。午後4時45分ごろ、火がともされた後、強い雨が降ってきたため、火が消えたキャンドルもあった。
 実行委員長の宮教大2年中川智晶さん(20)は「紙コップには子どもの願いも描かれている。雨は残念だが、訪れた人が温かい気持ちになれたらいい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年12月15日日曜日


先頭に戻る