宮城のニュース

<B2仙台>男子チアが会場盛り上げ ホーム戦で人気急上昇

ハーフタイムでアクロバティックな演技を披露するはっくるず=11月23日、ゼビオアリーナ仙台

 バスケットボール男子、B2仙台を応援する公式男子チア「はっくるず」が仙台のホーム戦の会場を熱くしている。9月のホーム開幕戦でデビューして以降、人気が徐々に高まっているという。

■新体操経験者が豪快な応援

 1980〜90年代に流行したアニメソング「北斗の拳」や「キン肉マン」「スラムダンク」の曲を基に、仙台を応援する歌詞を付けた替え歌にして、ハーフタイム中に披露する。曲に合わせて、連続バック転など力強いパフォーマンスを見せ、観客を沸かせている。
 パフォーマー6人は全員が新体操経験者。青森山田高時代に全国制覇した祝陽平さん(28)を中心に、名取高や仙台大の現役の新体操部員らが参加している。
 祝さんは「最初は観客が喜んでくれるかどうか、どきどきだった。今では認知度も上がっていると感じる」とうれしそうに語る。
 パフォーマンスの間、試合前に撮影した観客の顔写真をスクリーンに映すなど、観客との一体感も生み出している。
 演出担当の菱沼勇二さん(40)は「アイデアさえあればできないことなんてない。新しい要素を取り入れて盛り上げていきたい」と話した。


2019年12月16日月曜日


先頭に戻る