宮城のニュース

年末の繁華街を宮城知事視察 特別警戒期間に合わせ

アーケードを視察する村井知事(前列左から3人目)や松岡本部長(同4人目)ら

 宮城県警による年末年始の特別警戒期間(15日〜来年1月3日)に合わせ、村井嘉浩知事や松岡亮介県警本部長らが16日、仙台市青葉区の市中心部を視察した。
 県や市、県警の関係者約70人が参加。県庁であった出発式で、松岡本部長は「年末年始は強盗事件などの発生が懸念される。事件事故の未然防止に努める」とあいさつした。
 参加者は同区国分町の繁華街や一番町のアーケードなどの様子を約15分、見て回り、仙台中央署国分町交番を訪れた。村井知事は「県として安心して職務に当たれる環境をつくる。年末年始も頑張ってほしい」と署員を激励した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年12月17日火曜日


先頭に戻る