宮城のニュース

冬の白石、白い食や物で彩り 20、21日にイベント

会場を彩る装飾の試験点灯を行う実行委のメンバーら

 白い食や物で冬の白石をにぎやかにしよう―。「2019 SHIROISHI ホワイトクリスマスマーケット」が20、21の両日、同市中町のすまi(い)るひろばで初開催される。
 白石温(うー)麺(めん)を使った「うーめんチャウダー」や「白ホルモン焼き」、甘酒、ホットワインなどの飲食物やクリスマス雑貨を販売。ゴスペルのコンサートなどもある。市内の飲食店関係者らでつくる主催の実行委員会代表、麻生菜穂美さん(59)は「白石ならではの冬の楽しみ方を提案したい」と話す。
 20日は午後4時、21日は正午スタートで両日とも午後9時まで。抽選番号付きの前売り券(1000円)を寿丸屋敷、東天閣などで販売している。


関連ページ: 宮城 経済

2019年12月17日火曜日


先頭に戻る