岩手のニュース

銀河高原ビール、地元生産終了へ 岩手・西和賀 ブランド名は存続

生産終了を発表した銀河高原ビールの沢内醸造所

 岩手県西和賀町の銀河高原ビールは16日までに、本社と併設する同町の沢内醸造所での生産を来年3月で終了すると発表した。物流費の増大などで収益が悪化し、今後の設備更新は困難と判断した。親会社でビール製造業のヤッホーブルーイング(長野県軽井沢町)はブランド名を残し、長野県で生産する方針。
 販売会社としての銀河高原ビールは存続する見通しだが、事業所の所在地は決まっていない。地元採用の従業員19人には親会社への転籍などを促す。醸造所併設の「ホテル森の風沢内銀河高原」(休館中)の扱いも未定。今後、地元と協議するという。
 銀河高原ビールは1996年に旧沢内村(現西和賀町)で創業した。地ビールの草分け的存在で、最盛期には栃木、岐阜、熊本の各県の醸造所でも生産。一方で経営は赤字体質が続いていた。
 2017年10月にヤッホーブルーイングの完全子会社となって経営改善を図ったが、クラフトビール市場の競争激化もあって売り上げは伸び悩んでいた。
 銀河高原ビールは「地元に多くのファンがいる中、このような発表で心苦しい。ブランド名は残したい」としている。


関連ページ: 岩手 経済

2019年12月17日火曜日


先頭に戻る