宮城のニュース

<ベガルタ>蜂須賀、道渕が残留

 J1仙台は17日、DF蜂須賀孝治(29)=180センチ、76キロ=、MF道渕諒平(25)=177センチ、74キロ=と来季の契約を更新したと発表した。今季の右サイドを攻守に支えた2人が引き続きコンビを組む。
 仙台大から加入して7年目の蜂須賀は、右サイドバックの主力としてリーグ戦32試合に出場。仙台市出身で仙台の下部組織などを経てJ2甲府から今季加入した道渕は、主に右サイドハーフとしてリーグ戦25試合出場し、5点を挙げた。
 蜂須賀は「自分のプレーでチームを助けることができず、悔しさを感じたシーズン。この気持ちを糧に全力で戦っていきたい」、道渕は「現アカデミー選手たちの手本になれるよう謙虚にサッカーと向き合いたい」とそれぞれクラブを通じてコメントした。


2019年12月18日水曜日


先頭に戻る