宮城のニュース

コレ、ス鯨 大和煮の缶詰に合うね 石巻・コラボ酒

酒店と水産加工業者のコラボレーションで生まれた日本酒「コレ、ス鯨」

 宮城県石巻市の石川酒造店と木の屋石巻水産がコラボレーションし、鯨肉の缶詰の味に合わせた特別純米酒「コレ、ス鯨(げい)」を発売した。
 「コレ、ス鯨」は、木の屋の看板商品の缶詰「鯨の大和煮」をさかなに飲んでもらおうと、鯨肉の甘さと相性が良いすっきりとした辛口に仕上げた。
 田中酒造店(加美町)が製造。商品名は「これ、すごい」の意味の「これ、すげー」に鯨の字を当てた。ラベルは鯨が吹く潮を杯に見立てた。
 石川酒造店の石川泰光社長は「今年は商業捕鯨が再開された。鯨を食べてきた人はもちろん、食べたことがない人も缶詰と一緒に味わってほしい」と話した。
 木の屋の木村優哉社長は「缶詰に合わせた酒ができたのは初めて。石巻ならではの酒。年末年始などに試してほしい」と語った。
 720ミリリットルが1500円(税別)、300ミリリットル入りが750円(同)。それぞれ限定2000本。石巻市内の酒店やスーパーで扱う。木の屋の美里町工場直売所では缶詰とのギフト商品を企画している。連絡先は石川酒造店0225(22)0535。


関連ページ: 宮城 経済

2019年12月19日木曜日


先頭に戻る