宮城のニュース

求む村のイメージキャラ 宮城・大衡村が来年2月まで募集

広く応募を呼び掛ける宮城県大衡村職員

 宮城県内唯一の村、大衡村が2019年に村制施行130年を迎え、20年度から第6次総合計画が始まるのに伴い、イメージキャラクターを募集している。2000年導入の「万葉大使」のあかまつくん、ききょうちゃんに代わり、新たな「村の顔」で魅力を発信し観光振興を図る。
 自作の未発表作品が条件。A4用紙を縦長に使い、着ぐるみの制作を想定して彩色して仕上げ、名称やプロフィールを添える。村産業振興課は「幅広い世代に親しまれるデザインを村内外から募りたい」と呼び掛ける。
 大衡小中学校の児童生徒が1次選考し、選考委員による2次選考を行う。最優秀賞に10万円、優秀賞(2点)には3万円の賞金を贈る。
 締め切りは20年2月28日。連絡先は大衡村産業振興課022(341)8514。詳細は村ホームページに掲載している。


関連ページ: 宮城 社会

2019年12月20日金曜日


先頭に戻る