宮城のニュース

駆ける 2020年聖火リレー/宮城県内コース紹介3 女川町・東松島市

■新たな学びやをぐるり

 スタート地点は女川町の町民第2多目的運動場。東日本大震災後は自衛隊の支援活動拠点となり、撤収後に人工芝が張られた。向かいの町民野球場では仮設住宅の解体工事が進む。災害公営住宅などが立ち並ぶ地区を通過し、JR女川駅前まで駆け降りる。
 町役場前を通り、南下して向かうのは来年夏に完成予定の女川小中一貫教育学校だ。子どもたちの新たな学びやのグラウンドを周回し、国道398号に出て北進。復興のシンボルでもあるシーパルピア女川を駆け抜け、到着点の女川駅前で記念式典が行われる。

■仙石線の車両使い継走

 東日本大震災で大きな被害を受け、高台に移設された東松島市のJR仙石線東名駅が出発点。被災者向けに整備された防災集団移転団地、野蒜ケ丘地区の新しい街並みを東に進む。被災した野蒜、宮戸両小を統合し新設された宮野森小の前を通り、野蒜駅を目指す。
 野蒜−東矢本駅間は仙石線の車両でリレー。津波で車両が押し流され、レールが大きくひしゃげた区間だ。リレー前に全線復旧5周年の節目を迎える鉄路で復興をアピールする。東矢本駅からは防災集団移転団地のあおい地区を通り、ゴールの市役所に向かう。

聖火ルートの動画はこちら
https://www.kahoku.co.jp/movie/


2019年12月21日土曜日


先頭に戻る