広域のニュース

「ヤリス」月販7800台目標 新小型車、20年2月発売

来年2月10日に発売される新型の小型車「ヤリス」(トヨタ自動車提供)

 トヨタ自動車は20日、新型の小型車「ヤリス」を来年2月10日に発売すると発表した。現行の主力小型車「ヴィッツ」の全面改良に合わせ、海外名称に統一した。製造はトヨタ自動車東日本(宮城県大衡村)の岩手工場(岩手県金ケ崎町)が引き続き担う。月間販売目標は7800台。東北では「ネッツ店」で扱う。

 希望小売価格は最も安い排気量1000ccの前輪駆動ガソリン車が139万5000円。最も高いのは1500ccの電気式四輪駆動ハイブリッド車(HV)の249万3000円。
 トヨタの小型車で電気式四輪駆動システムを搭載したのは初めて。HVのガソリン1リットル当たりの燃費は36キロで、岩手工場で生産する小型HV「アクア」と比べて約2割伸び、小型車で世界最高水準という。
 予防安全機能をパッケージ化した「トヨタセーフティーセンス」を標準装備したほか、トヨタ初の安全技術を複数盛り込んだ。
 岩手工場では来年1月に生産を終えるヴィッツと同じ生産ラインを使う。完成車は国内向けのほかオーストラリアにも輸出する。
 ネッツトヨタ岩手(盛岡市)とネッツトヨタ盛岡(同)は同日、岩手工場で合同発表会を開催。ネッツ岩手の元持儀之社長は「ヴィッツは誕生から一貫してネッツ店が担い、国内で約224万台を販売した。ヤリスも先頭に立って届けていく」と意気込んだ。
 岩手工場の永坂雅彦工場長は「最高品質のヤリスを届けられるよう準備を進めている。メード・イン・東北の車造りが東日本大震災からの復興につながると信じ、一台一台心を込めて生産したい」と話した。


関連ページ: 広域 経済

2019年12月21日土曜日


先頭に戻る