宮城のニュース

<とうほくドローンeye>おくのほそ道編(13)松島/月海にうつりて

芭蕉が訪れた雄島には、今でも岩窟に安置された仏像が残る

 恋い焦がれた松島にたどり着き、高ぶった様子で芭蕉は記す。<扶桑(ふそう)第一の好風にして、凡(およ)そ洞庭・西湖を恥(はじ)ず>
 名だたる中国の湖にも劣らないこの国第一の景勝地には、無数の島々が浮かんで、濃い緑の松に潮風が吹き渡っていた。
 松島の「奥の院」と称された雄島にも渡った。「この島は古くから、霊場としての性格を有していたようです。浄土への入り口とも伝わっています」と瑞巌寺宝物課学芸員の堀野真澄さん(38)。
 島には<松の木陰に世をいとう人>の姿も。草の庵(いおり)から松かさを焼く煙が立ち上る。どんな暮らしぶりかと立ち寄ったりしているうちに日が暮れ、月の光が松島の海を照らしていた。
 元禄2(1689)年、旧暦5月9日の月を芭蕉は飽くことなく味わい、<あやしきまで妙(たえ)なる心地>になっていた。
(写真部・庄子徳通、小林一成)

▽動画ページはこちら
https://www.kahoku.co.jp/movie/


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2019年12月22日日曜日


先頭に戻る