宮城のニュース

サンタ登場 保育園児大喜び 岩沼地元RCが訪問プレゼント贈る

サンタと楽しいひとときを過ごした子どもたち

 岩沼ロータリークラブは18日、東日本大震災の復興支援の一環として、宮城県岩沼市東保育所を訪れ、サンタクロース姿の会員が0〜5歳児約80人にクリスマスプレゼントを贈った。
 横浜旭ロータリークラブ(横浜市)の協力を得て、6人のサンタが長靴の形をしたお菓子の詰め合わせを一人一人に手渡した。子どもたちはサンタの登場に興奮して大はしゃぎ。感謝の思いを込めて「ジングルベル」を合唱した。
 子どもたちへの贈り物事業は8回目で、今年は市内3カ所の保育所などで実施。岩沼ロータリークラブの担当者は「子どもたちに笑顔を贈りたい」と話した。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2019年12月22日日曜日


先頭に戻る