青森のニュース

奥入瀬の氷瀑、スイーツに 十和田の星野リゾート 冬季営業に合わせ提供

冬季限定で提供が始まった氷瀑スイーツ。右のメレンゲが凍った銚子大滝をイメージしている

 十和田市の「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」は、冬季営業の開始に合わせて、冬の奥入瀬渓流(十和田市)を表現したデザート「氷瀑(ひょうばく)スイーツ」の提供を始めた。
 渓流の銚子大滝が凍った様子をメレンゲで再現。リンゴのムースやアイスで雪がかぶった姿を表し、リンゴのソースを流れに見立てた。あめを使って水しぶきも付けた。
 ホテルは2017年、十和田市などが始めた渓流の氷瀑ツアーに合わせて冬季営業を再開。スイーツは来年3月22日まで、宿泊者限定で1日10食提供する。


関連ページ: 青森 社会

2019年12月23日月曜日


先頭に戻る