宮城のニュース

古民家レストランびすた〜り28日閉店 障害者就労の場、家賃倍増に対応できず 仙台

閉店する「長町遊楽庵びすた〜り」。障害者が働くレストランとして親しまれた

 障害者が中心となって働く仙台市太白区長町3丁目の古民家レストラン「長町遊楽庵びすた〜り」が28日に閉店する。2008年のオープン以来、障害者が接客や調理の補助を担当し、新鮮野菜を使った料理で人気を集めたが、古民家の家賃が上がり継続が困難になった。関係者は「障害者に優しい長町を象徴する場所だっただけに残念」と惜しむ。
 びすた〜りはNPO法人「ほっぷの森」(青葉区)が築120年の古民家を借り、障害者就労の場として開設した。就労継続支援A型事業所に指定され、最低賃金を上回る給料で知的、発達、高次脳機能などさまざまな障害者を雇用した。大規模改修した古民家は音響が良く、コンサートや芝居の会場にもなり、障害者アートの展示が行われたこともあった。障害者の就労トレーニングの場としても活用された。
 ほっぷの森によると、来年2月以降の賃借契約を更新する際、古民家オーナーから2倍の家賃を提示されたという。これまでも収支はぎりぎりの状態だった。移転も検討したが、条件に合致する物件が見つからず閉店を余儀なくされた。
 16人のスタッフは全員、ほっぷの森が運営する東北福祉大仙台駅東口キャンパス(宮城野区)内のカフェテリア「オリーブ」などで雇用を継続する。オリーブは定休日をなくし、営業時間を延長して対応。高齢者世帯への配食サービスなど新たな事業も検討する。
 びすた〜りと同じ長町地区にある野菜販売の「びすた〜りフードマーケット」、長町病院内のカフェ「JhoJho(じょじょ)」は変わらず営業を続ける。
 ほっぷの森の白木福次郎理事長(72)は「みんなでつくってきた思いが強く、閉店はとても残念。障害者雇用の環境は厳しいが、長町での経験を生かし、これからも就労の機会を提供し続けたい」と語った。


関連ページ: 宮城 社会

2019年12月25日水曜日


先頭に戻る