岩手のニュース

天文学専用スパコンは「アテルイU」 岩手・奥州の国立天文台観測所で公開

アテルイUの背後。コンピューターを並列につなぐ太いケーブルがびっしり
アテルイUが入る建物前に設置された解説パネル

 天文学専門のスーパーコンピューターで世界最速を誇る国立天文台の「アテルイU」が、岩手県奥州市の水沢VLBI観測所で公開された。天文シミュレーションプロジェクト長の小久保英一郎教授は「この分野で日本が世界のトップにいるのもアテルイUのおかげ」と話す。
 2018年6月に運用が始まったアテルイUは、1秒間に3000兆回の計算が可能。研究者はインターネットで接続し、コンピューター中に宇宙や天体を作り出してシミュレーションする。


関連ページ: 岩手 社会

2019年12月25日水曜日


先頭に戻る