宮城のニュース

駆ける 2020年聖火リレー/宮城県内コース紹介8/岩沼市・名取市

■岩沼市/復興の様子一望し西へ

 岩沼市の慰霊公園「千年希望の丘」の北側にある相野釜公園がスタート地点。防災教育の場としても活用される多目的広場を通って2号丘の頂上へ。市内の復興の様子を肌で感じることができる。その後、広場に戻り、慰霊碑の前に進む。
 希望の丘二野倉公園8号の頂上を下り、航空安全の神様として知られる二野倉神明社に向かう。排水ポンプ場を通過し、県道125号を西進。玉浦小、玉浦中などが見え、玉浦西楽々公園に着く。東日本大震災後にできた住宅街の中にあり、市民の交流拠点がゴールに設定された。

■名取市/教訓伝える公園を通過

 約30年の歴史がある「ゆりあげ港朝市」が出発点になった。東日本大震災で甚大な被害を受けたが、2013年に復活。名物のアカガイなど近海で取れた新鮮な魚介類が並び、連日多くの人が集まるにぎわいの場からスタートする。
 その後は震災の教訓を未来へ伝える市震災メモリアル公園へ。犠牲者への追悼の思いと復興への祈りを世界へ届ける。県道129号を通り、約200世帯が暮らす閖上中央第一団地前を通過し、ゴールは閖上小中学校に設定された。復興の未来を切り開く子どもたちが笑顔で待っている。

聖火ルートの動画はこちら
https://www.kahoku.co.jp/movie/


2019年12月26日木曜日


先頭に戻る