宮城のニュース

<楽天>年俸総額初の30億円突破 日本一へ戦力充実、積極補強で押し上げ

 東北楽天は28日までに80選手(育成16人を含む)と来季の契約を結んだ。河北新報社の集計によると、年俸総額は約33億8000万円で、クライマックスシリーズ(CS)進出を果たした今季より約5億円増え過去最大。初めて30億円を突破し、7年ぶりのパ・リーグ優勝、日本一に向けて戦力を充実させた。
 日本人選手の総額は約29億円で、前年比で約6億円増加し過去最大となった。
 4年総額20億円で西武から加入した浅村が、2年目の来季は2億1000万円から5億円に跳ね上がる。さらにロッテから国内フリーエージェント(FA)権を行使した鈴木大を4年総額7億円、米大リーグ、パドレス傘下のマイナーでプレーした牧田を2年総額3億円、涌井をロッテとの金銭トレードで来季年俸1億2500万円でそれぞれ獲得。積極補強が総額を押し上げた。
 一方、36歳今江が現役引退し、今季まで13年間プレーした生え抜きの嶋を自由契約とした。福山、池田、森ら1軍経験のある選手を育成契約に切り替えるなど戦力を大幅に見直し、コストカットにも努めた。
 外国人選手の総額は約4億8000万円。チーム最多の33本塁打を放ったブラッシュ、ともに中継ぎで存在感を示したブセニッツ、宋家豪と増額で更改。ウィーラーは3年契約の最終年を迎える。1軍選手登録の上限となる4人の外国人枠は埋まっているが、球団はロッテに移籍したハーマンに代わる外国人投手の獲得調査に動いている。
 石井ゼネラルマネジャー(GM)は「短期的な優勝を狙えるチームになってきた。(常勝軍団に向けた)中期的なビジョンは今後も必要だ」と話した。
(金額は推定)


2019年12月29日日曜日


先頭に戻る