山形のニュース

駅前の小便小僧 八村選手に変身 JR北山形

衣替えが行われた小便小僧

 山形市のJR北山形駅前にある小便小僧が今冬、米プロバスケットボールNBAの八村塁選手(宮城・明成高−米ゴンザガ大出)をイメージした手作り衣装に切り替わった。昨年まで衣装を手掛けていた団体が解散し、今回から不登校の若者らの居場所づくりなどに取り組む市内のNPO「ぷらいず」が引き継いだ。
 裁縫経験のないメンバーら約15人が靴とズボン、ユニホーム、パーカを4日かけて製作した。ぷらいずの佐藤茜共同代表(42)は「子どもの頃から続いてきた街の文化を引き継げるのはうれしい。今後も続けていきたい」と話した。
 小便小僧の衣替えは1957年、駅近くにあった山形女子専門学校の生徒が「冬空に寒そう」と赤いマントを着せたのが始まり。毎年数回、時々の話題などに合わせて衣装作りが行われてきた。
 今回の衣替えは16日。次回は来年6月ごろに予定している。


関連ページ: 山形 文化・暮らし

2019年12月29日日曜日


先頭に戻る