広域のニュース

遠藤武彦氏死去 81歳、元農相「エンタケ」さん

遠藤武彦氏

 農相などを務めた元衆院議員の遠藤武彦(えんどう・たけひこ)氏が27日午後6時24分、間質性肺炎のため米沢市の病院で死去した。81歳。米沢市出身。告別式は近親者で行い、後日「お別れの会」を開く。喪主は長男泰基(やすもと)氏。
 山形県議を経て1986年、衆院選の旧山形1区に自民党から立候補して初当選。小選挙区の山形2区と合わせ、通算6期務めた。
 総務、農水、通産の各政務次官、党副幹事長、農水副大臣を歴任。農政通で知られ、2001年に国内で確認された牛海綿状脳症(BSE)対策に尽力した。気取らない語り口は「エンタケ節」と親しまれた。
 07年、第1次安倍改造内閣で農相として初入閣したが、自らが組合長理事を務める置賜農業共済組合の補助金不正受給の責任を取って就任8日目に辞任。09年の衆院選には出馬せず、引退した。


関連ページ: 広域 政治・行政

2019年12月29日日曜日


先頭に戻る