宮城のニュース

福袋にワクワク詰め込む 2日、仙台初売りスタート

初売りに向け、福袋によりすぐりの商品を詰める藤崎の社員=仙台市宮城野区の藤崎物流センター

 毎年恒例の仙台初売りが来年1月2日、仙台市中心部などで始まる。消費志向がモノからコトへと移り変わる中、大型店は多彩な体験型福袋を企画し、買い物客の関心を引く。令和初となる初売りの成功に向け、準備作業は大詰めだ。
 藤崎は古里の良さを感じてもらおうと、栗原市の酒蔵見学付きのツアー(2万5000円、16人)、田植えや収穫も体験できる仙台坪沼米オーナー権(1万円、10組)を用意。干支(えと)にちなんだ仙台市八木山動物公園でのカピバラお世話体験(2000円、4組)は子どもも楽しめる。
 福袋は前回より3000個多い約3万3000個。27日に袋詰め作業に当たった婦人靴担当の田口文子さん(25)は「開ける時にワクワクするお客さまの顔を思い浮かべながら楽しく取り組めた」と話した。
 仙台三越は「夢をかなえる福袋」がテーマ。仙台在住の歌手ティーナ・カリーナさんとのコンサート出演(20万2000円、1人)、プロカメラマンによるブライダル記念撮影(2万2000円、9組)は特別感を味わえる。家族連れには、仙台うみの杜水族館の貸し切り探検ツアー(3万3000円、2組)がお薦めだという。
 仙台パルコは若い女性に人気のメーク道具や食品の福袋約1万1000個を用意。本館入り口で人気アーティストのコンサートチケットも販売する。エスパル仙台はプロ野球東北楽天をはじめ、在仙プロスポーツ3チームの各選手のサイン付きユニフォームと観戦チケットが目玉だ。
 イービーンズはアニメグッズ入りの福袋を多数そろえ、アイドルの無料ライブや甘酒の振る舞いで新年を盛り上げる。イオン各店は元モーグル選手上村愛子さんとのスキー教室(3万円、親子12人)、元ラグビー選手大畑大介さんとのラグビー体験(3万8000円、同20人)を提案する。


関連ページ: 宮城 経済

2019年12月30日月曜日


先頭に戻る