宮城のニュース

名取ゆりあげ港朝市 ナメタガレイやカニ、イクラ 年越し食材を品定め

大勢の買い物客でにぎわったゆりあげ港朝市

 宮城県名取市閖上のゆりあげ港朝市で29日、歳末恒例の大売り出しが始まった。夜明け前から大勢の買い物客が詰め掛け、年末年始の食材を買い求めた。
 鮮魚や水産加工品、農産物などを扱う約50店が軒を連ね、客を呼び込む威勢のいい掛け声があちこちで飛び交った。店頭にはお年取りに欠かせないナメタガレイやカニ、イクラなどの食材が所狭しと並び、通路からあふれんばかりの買い物客でにぎわった。
 ゆりあげ港朝市協同組合の桜井広行代表理事は「品ぞろえが豊富で、市価より2、3割安い。ナメタガレイは近海の水揚げが順調で、昨年の半額ほどとお買い得だ」と話した。大売り出しは31日までで、各日とも午前6時〜午後1時。


関連ページ: 宮城 経済

2019年12月30日月曜日


先頭に戻る