岩手のニュース

<全国高校サッカー>専大北上、3ゴール 初戦突破

専大北上−龍谷 前半15分、専大北上・菊地(中央)が先制点を決める=NACK5スタジアム大宮

 サッカーの全国高校選手権第2日は31日、東京・駒沢陸上競技場などで1回戦15試合が行われ、初出場の専大北上(岩手)は龍谷(佐賀)を3−1で下し2回戦に進出した。
 ▽1回戦
専大北上(岩手) 3/3―0/1 龍谷(佐賀)
           0―1
▽得点者【専】菊地、阿部耀2【龍】石橋

 【評】専大北上が快勝で初戦突破した。前半15分、ペナルティーエリア外で菊地が右足を振り抜き先制。21分には阿部耀が相手守備の隙を突いてゴールを奪い、30分にもミドルシュートを決めた。

■多彩な攻め、貫禄漂う

専大北上は初出場初勝利。敵陣深くで落ち着き払った攻めを展開したり、泥くさくボールに食い付いたりと多彩な攻めで3ゴールを挙げ、常連校のような貫禄をピッチで表現した。
 前半15分、菊地が相手に囲まれながらもテンポのいい切り返しでシュートを放って先制点を奪った。「相手の足元を見てから動いた」と冷静な状況判断が光る。2得点の阿部耀は「シュートで終わるのを徹底した」とチームの狙いを語った。
 多くのプロ野球選手を輩出した野球部が有名。小原監督は「この勝利で野球部との距離が縮まりましたね」と喜びをかみしめた。


2020年01月01日水曜日


先頭に戻る