山形のニュース

山形・飯豊の獅子舞、令和へ伝える 地域の特徴収録したDVD製作

町内17神社の獅子舞がダイジェストで収められたDVDとオリジナルのストラップ木札

 山形県飯豊町観光協会が、町内17神社で受け継がれている獅子舞の様子をダイジェストで収めたDVD「獅子魂・飯豊獅子連中」を製作し、100枚限定で販売している。全ての獅子舞を一つの映像作品に収めた初の試みで、舞やお囃子(はやし)、作法など地域ごとの違いや特徴が分かる。
 飯豊町の獅子舞は、隣接する長井市の総宮神社に1000年ほど前から伝わる獅子舞の流れをくむとされる。長井市内の神社と同じ黒獅子で、毎年6月から9月にかけ、各神社の例大祭で奉納される。
 DVDには、町内を練り歩くまでの約1時間境内で行われる獅子舞の様子を各神社約4分間、それぞれナレーション付きで収録した。
 製作と販売は、町内最大の伝統芸能を後世に伝えようと企画された。町観光協会は「飯豊魂」というブランド名を冠し、今後はTシャツや首から提げる木札などを商品化する計画だ。
 1枚2000円でオリジナルの木札ストラップが付いている。連絡先は町観光協会0238(86)2411。


関連ページ: 山形 文化・暮らし

2020年01月01日水曜日


先頭に戻る