山形のニュース

雪の贈り物 山形・大蔵「ミニ雪だるま」発売

新雪を詰めて発送する「おおくらくん」の容器(左と中央)。右は雪だるま

 全国屈指の豪雪地、山形県大蔵村肘折地区の新雪を各地で楽しんでもらおうと、村などはミニ雪だるま「おおくらくん」を発売した。住民を悩ませる雪を資源として活用する。関係者は「誕生日、記念日の贈り物にどうぞ」とPRしている。
 縦、横、高さ32センチ。村のマスコットキャラクター「おおくらくん」をデザインした。マフラーと村特産のトマトを模した赤い帽子やボタン飾りがセットで付く。
 雪だるま形の特製発泡スチロール容器に新雪を詰めてクール便で発送する。タイの旅行会社に送ったところ好評だったといい、海外からの注文にも対応する。
 肘折は2018年2月、観測史上最高となる積雪445センチを記録した。24時間降雪量によって肘折温泉の宿泊料を割り引くなどユニークな誘客にも取り組む。
 販売は3月まで。送料別で3600円。連絡先は肘折いでゆ館0233(34)6106。


関連ページ: 山形 経済

2020年01月01日水曜日


先頭に戻る