宮城のニュース

<全国高校女子サッカー>常盤木学園が初戦敗退 聖和学園はPK戦で敗れる

 サッカーの全日本高校女子選手権は3日、32校が出場して開幕、兵庫県立三木総合防災公園などで1回戦が行われ、前回準優勝の常盤木学園(宮城)は大阪学芸に0−3で敗れた。聖和学園(宮城)、専大北上(岩手)も負け、東北勢は全て初戦で姿を消した。
 2連覇を狙う星槎国際湘南(神奈川)は四国学院大香川西を4−0で下した。2大会ぶりの優勝を目指す藤枝順心(静岡)も宇都宮文星女(栃木)を5−0で退けて2回戦に進んだ。
 昨夏の全国高校総体を制した十文字(東京)は作陽(岡山)を3−0で退けた。高校総体準優勝の日ノ本学園(兵庫)は前橋育英(群馬)に1−0で競り勝った。


2020年01月04日土曜日


先頭に戻る