広域のニュース

古里の思い出を土産に家路へ 年始のUターンラッシュがピーク

首都圏に戻るため新幹線に乗り込む家族=4日午前8時50分ごろ、JR仙台駅

 年末年始を東北で過ごした人のUターンラッシュが4日、ピークを迎えた。JR仙台駅は午前、東京方面に向かう上り列車を待つ乗客や見送り客で混雑した。
 大阪府守口市の小学2年安田穂有莉(ほゆり)さん(7)は、家族3人で宮城県七ケ浜町の祖父母方に滞在した。「おせち料理はホタテが一番おいしかった。おばあちゃんと一緒に手巻きずしを作ったのが楽しかった」と笑顔を見せた。
 JR東日本によると、東北新幹線は仙台発の上りの指定席がほぼ満席。自由席の上りも混み合い、山形新幹線は一部の列車の乗車率が100%を超えた。
 日本道路交通情報センターによると、東北の高速道路は4日午前、渋滞は発生しなかった。


関連ページ: 広域 社会

2020年01月04日土曜日


先頭に戻る