宮城のニュース

笑顔と希望、被災地から 五輪聖火リレー宮城県内走者決定

東京五輪の聖火ランナーに内定した丹野さん
黒沢健一さん
大沼健さん

 「東日本大震災の被災地支援への感謝の思いを伝えたい」。宮城県が発表した2020年東京五輪聖火リレーの走者はそれぞれ思いを語り、重要な役目に気を引き締めた。走者のうち、3人の意気込みを紹介する。

◎バリアフリー推進願う 県車いすダンス協会副理事長丹野泰子さん(57)=仙台市

 「まさか自分が、という気持ちだが、被災地に明るさを届けると同時に、健常者とのバリアーを少しでも薄くできればうれしい」。NPO法人県車いすダンス協会副理事長丹野泰子さん(57)=仙台市宮城野区=は抱負をかみしめる。
 進行性の病気のため、27歳から車いすで生活する。車いすダンスの競技者、指導者として活動し、1998年の長野パラリンピックの開会式にはダンサーの一人として出演。冬と夏の五輪に関わることができる奇跡に、感慨もひとしおだ。
 気仙沼市の大島に生まれ育ち、東日本大震災の津波で親族や友人らが被災した。今も悲しみを抱える人々を思い、「自分が走る姿を見てもらうことで、1分でも1秒でも笑顔になってもらえたら」と応募した。
 バリアフリー推進も強く望む。震災時、障害者が避難できる場所が十分でない現実に直面した。車いすのランナーとして「障害者も健常者も、当たり前に一緒に生活できる社会であってほしい」との願いを、多くの人に届けたいと思う。
 「重い責任を感じているが、自分の体調や車いすのメンテナンスをしっかりとして臨みたい」と気持ちを引き締めている。

◎心の復興決意を新たに 市民団体事務局長黒沢健一さん(48)=石巻市

 石巻市の市民団体「がんばろう!石巻の会」事務局長の黒沢健一さん(48)は「半ば諦めていたので、跳びはねるようにうれしい」と声を弾ませる。
 東日本大震災から1カ月後、絶望に打ちひしがれる住民や自身を励まそうと、同市門脇・南浜地区の店舗兼自宅跡に「がんばろう!石巻」看板を設置した。
 「津波に負けたくない。少しでも希望を持ちたい」。震災後、胸に抱き続けた思いが聖火リレーへの挑戦につながった。「走ることで地域の復興、心の復興への決意表明をしたい」と意気込みを語る。

◎日本酒文化世界に発信 大沼酒造店専務大沼健さん(38)=村田町

 日本酒「乾坤一(けんこんいち)」で知られる村田町の大沼酒造店。主力品の純米大吟醸の仕込みで忙しい毎日を送る専務の大沼健(たけし)さん(38)は「五輪は海外からも注目を集める。日本の文化である日本酒を世界に発信したい」と意欲を見せる。
 2020年東京五輪の観戦チケットを申し込んだが、全て外れた。そんな中、手元に届いたのは聖火ランナーの大役を担う吉報だった。
 東日本大震災で酒蔵などは大規模半壊となり、復旧では多くの支援をもらった。「感謝の意味も込めて走りたい」と話す。

■宮城県内走者名簿

 2020年東京五輪聖火リレーで、県実行委員会が発表した走者63人は以下の通り。かっこ内の数字は年齢、現住所。並びは実行委発表順。(敬称略)

 【6月20日走行予定】植木智子(30、女川町)▽大槻智志(49、仙台市泉区)▽大森美和(43、気仙沼市)▽門脇雛(17、色麻町)▽工藤大樹(37、南三陸町)▽黒沢健一(48、石巻市)▽斎藤充(55、若林区)▽佐々木大輔(12、富谷市)▽沢田哲夫(88、涌谷町)=最年長▽沢村美香子(48、美里町)▽白鳥彩(16、栗原市)▽菅原進(77、気仙沼市)▽鈴木智博(20、女川町)▽鈴木典行(54、石巻市)▽竹川隆司(42、東京都)▽千田健一(63、気仙沼市)▽三浦綾斗(17、加美町)▽山内美代子(62、南三陸町)▽大和千恵(37、石巻市)▽吉田澄(48、大崎市)
 【同21日走行予定】相沢一志(26、東松島市)▽大沼健(38、村田町)▽小野寺秀俊(71、松島町)▽会田衣吹(14、蔵王町)▽菅野由佳(40、多賀城市)▽日下惇平(17、大郷町)▽今野恵(46、泉区)▽佐藤多恵(31、丸森町)▽菅原青空(13、松島町)▽鈴木湊人(13、富谷市)▽武山ひかる(19、群馬県伊勢崎市)▽千葉雄大(30、東京都)▽永沢遥樹(13、利府町)▽平野太朗(12、塩釜市)▽藤山美枝子(68、利府町)▽吉田良志恵(60、塩釜市)▽若松昭子(76、七ケ浜町)▽渡辺歩菜(13、大衡村)▽渡辺芳光(68、七ケ浜町)
 【同22日走行予定】阿部綺星(18、山元町)▽井口経明(74、岩沼市)▽及川直輝(15、亘理町)▽大津南々子(13、川崎町)▽小畑陽平(37、名取市)▽川村日乃香(12、白石市)=最年少▽菊地芽依(15、名取市)▽熊谷さおり(50、気仙沼市)▽小釜莉代(35、若林区)▽小林まなみ(12、太白区)▽今野かれん(13、七ケ宿町)▽佐々木晃(19、岩沼市)▽佐々木清和(53、多賀城市)▽佐藤大河(15、山元町)▽残間祥夫(60、岩沼市)▽柴崎義信(64、若林区)▽末永幸(35、宮城野区)▽鈴木実々(15、岩沼市)▽竹沢守雅(52、若林区)▽丹野泰子(57、宮城野区)▽長谷川翔大(15、角田市)▽幕田里咲(15、柴田町)▽森義郎(57、亘理町)▽渡辺幹男(60、青葉区)


関連ページ: 宮城 社会

2020年01月05日日曜日


先頭に戻る