広域のニュース

充電完了!笑顔でUターン 東北各地で混雑

新幹線に乗り込み、見送りの家族に手を振る子どもたち=4日午前8時55分ごろ、JR仙台駅

 年末年始を東北で過ごした帰省客や行楽客のUターンラッシュが4日、ピークを迎え、新幹線や航空機が混雑した。
 JR東日本によると、東京方面に向かう上りは、東北・秋田新幹線の指定席が終日ほぼ満席。自由席の上りも混み合い、山形新幹線は多くの列車の乗車率が100%を超えた。
 JR仙台駅では旅行かばんや土産袋を提げた人たちが行き交った。気仙沼市の自宅に帰っていた会社員遠藤潤さん(49)は、新幹線で単身赴任先の福岡県へ向かった。「自宅で家族とのんびり過ごした。リラックスできた」と語った。
 日本航空と全日空によると、仙台空港発の国内便は一部を除きほぼ満席だった。日本道路交通情報センターによると、東北の高速道路は午後5時現在で渋滞は発生しなかった。


関連ページ: 広域 社会

2020年01月05日日曜日


先頭に戻る