青森のニュース

むつ市ゆるキャラ、LINE登場 市内の高校生スタンプ考案

自分たちでデザインしたLINEのスタンプを発表する生徒たち=むつ市役所

 青森県むつ市は6日、会員制交流サイト(SNS)の無料通信アプリ「LINE」で使える市の公認キャラクターのスタンプを発売した。
 むつ市のゆるキャラ「ムッシュ・ムチュラン1世」を使い市内の高校生有志18人が考案した。スタンプは40種類。「おはよう」や「ありがとう」といった基本的なあいさつ文のほか、「熊出没注意」といった文言も盛り込んだ。
 市のご当地グルメの海上自衛隊カレーにちなんだ「きんよう日はカレーよう日」のスタンプもある。
 市制施行60周年を記念し、田名部高と大湊高川内校舎の生徒が実行委員会をつくって作業に当たった。販売額は120円。売り上げは市の雑収入にする。
 川内校舎2年の成田夢愛さん(16)は「ラインのスタンプを通して私たちの思い、むつ市の良さを多くの人に広めたい」と話した。


関連ページ: 青森 社会

2020年01月07日火曜日


先頭に戻る