広域のニュース

リンゴやブドウがとろ〜り 東北「道の駅」カレー発売 鯨や牛すじ準備中

冷凍真空パックで販売されている「東北『道の駅』カレー」。電子レンジで解凍して食べる

 東北6県の道の駅163カ所でつくる「東北『道の駅』連絡会」は、東北産食材を使った冷凍カレーの販売を始めた。6県の道の駅が連携した食品の発売は初めて。当面は6県の計36カ所で販売し、今後は県別、店別の商品開発も進める。
 商品は「東北『道の駅』カレー」(1食分180グラム、480円)。東北産の果物ペーストと鶏肉を煮込んだ。ブドウやリンゴ、カキなど旬の果物を5、6種類使用する。
 昨年4月に開発に着手した。今後は宮城の「くじらカレー」、山形の「山形牛すじラ・フランスカレー」といった県別の商品も販売する予定。


関連ページ: 広域 社会

2020年01月07日火曜日


先頭に戻る