岩手のニュース

詩歌文学館長に高野ムツオ氏・北上

高野ムツオ氏

 北上市は7日、日本現代詩歌文学館の新館長に1日付で俳人の高野ムツオ氏(72)が就任したと発表した。19年間、館長を務めた歌人篠弘氏(86)は昨年12月31日付で退任した。
 高野氏は栗原市出身で多賀城市在住。俳誌「小熊座」を主宰し、現代俳句協会副会長や河北俳壇選者を務めている。日本現代詩歌文学館では2016年から指定管理者である運営協会の理事に就いていた。
 日本現代詩歌文学館は1990年に開館した国内唯一の詩歌専門の文学館。高橋敏彦市長は「高野先生は俳句の世界で全国的に名の知られた方。篠前館長と同様、詩歌文学館の存在を全国に広めてほしい」と話した。


関連ページ: 岩手 社会

2020年01月08日水曜日


先頭に戻る