岩手のニュース

沢に飛び込み身清め 無病息災を祈願 岩手・西和賀・長松垢離取り

沢水に漬かって気勢を上げる男たち

 厳寒期の沢水に漬かって無病息災を祈願する岩手県西和賀町の裸祭り「長松垢離(こり)取り」が6日夜、湯之沢地区であった。県内外の男性19人が、山の神を祭る神社から下帯姿で駆け降り、見物客が見守る中を沢に飛び込んで身を清めた。
 2月に結婚披露宴を控えているという東京都世田谷区の会社員矢坂徹郎さん(32)は初参加。「悪い物が落ちたようだ。健康と幸せな結婚生活を願った」と満足そうだった。
 祭りは300年以上続く町の無形民俗文化財。毎年、山の神が年越しするとされる旧暦12月12日に行われる。


関連ページ: 岩手 文化・暮らし

2020年01月08日水曜日


先頭に戻る