宮城のニュース

上下水道料金納付、自宅でも 宮城・白石市でスマホ決済開始

 宮城県白石市は、スマートフォンの決済アプリで水道料金、下水道使用料を納付できるサービスを始めた。
 納期限内の納付書に印刷されたバーコードをアプリで読み取って決済する。使用できるのは「ペイビー」「ペイペイ」「支払秘書」「LINEペイ」の4種類。県内では岩沼市、亘理町などが既に導入している。
 自宅での納付が可能になるが、支払い後は二重納付を防ぐために納付書を廃棄するよう呼び掛けている。


関連ページ: 宮城 社会

2020年01月09日木曜日


先頭に戻る