山形のニュース

農家民宿の魅力知って 山形・推進協がパンフ作製 15軒を紹介

豊富な郷土食も掲載した農家民宿の案内パンフレット

 山形県グリーン・ツーリズム推進協議会(山形市)は、県内の農家民宿を紹介するパンフレットを作製した。民宿個々の発信力には限界があるため、オーナーの顔写真などを載せてバラエティーに富んだ農家民泊の魅力を一体となってアピールする。
 協議会メンバーで農家民宿を営む「農家のお宿の会」の15軒が登場。村山、庄内、置賜、最上の4地方にそれぞれ伝わる旬の郷土食や、周辺の見どころも載せた。
 お宿の会は昨年4月から、ウェブサイトで宿泊予約を受け付けている。冊子の配布でウェブの閲覧につなげる考えだ。協議会は「民宿の温かい雰囲気を感じてもらい、宿選びに役立ててほしい」と話す。
 パンフレットはA5判で2万部を印刷。無料。連絡先は協議会023(647)8351。


関連ページ: 山形 社会

2020年01月08日水曜日


先頭に戻る