山形のニュース

<モンテ>昇格へチーム一丸 石丸新監督が決意

チームのタオルマフラーを掲げて今季への意気込みを見せる山形の石丸新監督

 J2山形で今季から指揮を執る石丸清隆監督(46)の就任会見が9日、天童市のNDソフトスタジアム山形であり、石丸監督は「チームを一つにまとめ、J1に昇格できるようにしたい」と6季ぶりの復帰へ決意を語った。目指すスタイルは「攻守ともアグレッシブで躍動感のあるサッカー」を掲げた。
 指揮を執るのは共にJ2の愛媛、京都に続いて3チーム目。昨季は、J1だった松本のコーチを務めた。石丸監督は「(山形から)オファーが来てチャレンジしたい気持ちが強かった」と言い、山形では「選手が楽しく生き生きとしたプレーを見せ、サポーターが応援したくなるチームづくりをしたい」と抱負を述べた。
 山形は昨季、リーグ6位でJ1参入プレーオフに進出したが、2回戦で徳島に敗れて昇格に失敗。木山隆之前監督が退任し、J1仙台監督に就いた。
 石丸監督はチームの印象を「堅守が土台にあるが、ゴールに向かう迫力が少ない感じがした。FWだけでなくグループで点を取る環境をつくり、ゴールを目指す姿勢を選手に求めたい」と話し、改善に意欲を見せる。2年契約だが「今年はしっかり勝負したい」と1年で昇格を目指す。


2020年01月10日金曜日


先頭に戻る