福島のニュース

古関裕而さん作曲の隊歌「若い力の歌」 JICA、福島市に直筆の楽譜寄贈

古関さんの直筆とみられる楽譜を贈呈した富安所長(右)と木幡市長

 国際協力機構(JICA)は9日、福島市出身の作曲家故古関裕而さん(1909〜89年)が手掛けた青年海外協力隊の隊歌「若い力の歌」の楽譜を市に寄贈した。楽譜は古関さんの直筆とみられ、市は市古関裕而記念館(同市入江町)での保管と展示を検討している。
 隊歌は67年、JICAの前身の海外技術協力事業団が作曲を古関さんに依頼して制作した。歌詞は一般公募した。
 第2次世界大戦中、ミャンマーに滞在した経験のある古関さんは「生活の苦しい途上国の発展のためになるなら」と依頼を快諾したという。68年、東京であった青年海外協力隊の第1回帰国報告会の席上、人気歌手藤山一郎によってお披露目された。
 「若い力がここにある 未来の扉開くもの」の歌詞で始まる隊歌は、力強くて堂々とした古関さんらしいメロディーラインが特徴。
 二本松市と長野県駒ケ根市にあるJICAの青年海外協力隊訓練所で、派遣前訓練の最終日に行われる修了式で斉唱される。延べ5万人以上の隊員が半世紀以上、歌い継いできた。
 9日に古関裕而記念館で寄贈式があり、二本松青年海外協力隊訓練所の富安誠司所長が木幡浩福島市長に楽譜を手渡した。
 富安所長は、古関さんをモデルにしたNHK連続テレビ小説「エール」の放送が3月30日に開始されることを踏まえ「古関さんと福島のつながりを広く知ってほしい」と寄贈の狙いを語った。
 石川英弥館長は「筆跡などを確認したところ、古関さんの直筆による楽譜とみられる。できるだけ多くの人に見てもらえるようにしたい」と話した。


関連ページ: 福島 社会

2020年01月10日金曜日


先頭に戻る