宮城のニュース

<高校バレー女子>古川学園、優勝逃す

 バレーボールの第72回全日本高校選手権最終日は12日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで決勝があり、女子は古川学園(宮城)が2大会連続準優勝の東九州龍谷(大分)に0−3で敗れ、1999年以来4度目の優勝はならなかった。
 古川学園は多彩な攻撃を武器に勝ち上がり、9大会ぶりの決勝。サーブレシーブが乱れ、持ち味のコンビネーションバレーができず、16−25、15−25、22−25でストレート負けした。


2020年01月13日月曜日


先頭に戻る