山形のニュース

山形・庄内地方で寒ダラまつり始まる 各地で冬の味覚に列

山形県庄内地方で始まった寒鱈まつり。冬の味覚を求め、多くの人が列を作る

 山形県庄内地方の冬の味覚、寒ダラ汁を味わう「寒鱈(かんだら)まつり」が始まった。12日には鶴岡市温海地区の道の駅で「しゃりん寒鱈まつり」が開かれ、今年最初の寒ダラ汁を求める人たちが列を作った。
 19日にある鶴岡市の「日本海寒鱈まつり」は毎年約2万人が訪れる人気イベントで、出店する約10店舗それぞれの味を楽しめる。同日開催の遊佐町の「ゆざ町鱈ふくまつり」の汁にはフグが入っており、こくのある味わいが特長。25、26日に開かれる酒田市の「酒田日本海寒鱈まつり」では九つの酒蔵の日本酒を飲み比べできる。


関連ページ: 山形 経済

2020年01月16日木曜日


先頭に戻る