福島のニュース

凍結管新たに3本漏えい 福島第1原発

 東京電力福島第1原発の凍結管1本の上部から液状冷却材が漏出した問題で、東電は16日、新たに3本の上部からも漏出が確認されたと発表した。いずれも継ぎ手部分で、仮設のホースを接続して確認した。漏出量は約20立方メートルとみられる。約1500本ある凍結管によって地盤にできた巨大な氷の壁「凍土遮水壁」は、建屋への地下水流入を防ぐ汚染水対策の一つ。


2020年01月17日金曜日


先頭に戻る