宮城のニュース

サイボウズが路面店 仙台・花京院に新オフィス

 ソフトウエア開発のサイボウズ(東京)は仙台オフィスを仙台市青葉区中央から同区花京院に移転し、17日、開所式を開いた。関係企業など25社の約50人が参加した。
 新オフィスは広さ約187平方メートルで、同社初となる路面店。約30人収容のセミナールームやウェブ会議用の部屋を併設し、同社の製品を販売する地元企業がイベントや商談などに無償で利用できるようにした。
 青野慶久社長は「新オフィスは路面店で入りやすく、看板で社名も覚えてもらいやすくなる。パートナーの企業にも気軽に使ってほしい」とあいさつ。主力のクラウドサービス「kintone(キントーン)」に触れ「導入した東北の企業で組織改善の事例がたくさん生まれており、広げていきたい」と語った。


関連ページ: 宮城 経済

2020年01月18日土曜日


先頭に戻る