宮城のニュース

平穏無事 願い強く 塩釜神社で福升作り

筆で「寿」「福」と書き入れ、福升が仕上げられた

 塩釜市の塩釜神社で節分を前に、豆まき用の福升作りが進んでいる。
 福升はモミの木製で大きさは2リットル、1リットル、1合(0.18リットル)の3種類。えとの「子(ね)」を描いた焼き印を押した升に、権禰宜(ごんねぎ)の永野雄大さん(48)が「福」「寿」の2文字を書き入れる。
 永野さんは「福は1年を無事に過ごせた祝い、寿は今年も平穏に過ごせるように願いを込め書いている。豆で邪気を払い、健康に過ごしてほしい」と語る。
 節分までに計2300個を用意する。2リットル升500個と1リットル升のうち1000個は、祈願を申し込んだ参拝者らに贈られる。1リットル升500個と1合升は豆付きでそれぞれ1個3000円、1000円で販売する。
 今年の節分祭は2月2、3日の午後3時から。豆をまく年男、年女ら奉仕者を募っている。連絡先は塩釜神社022(367)1611。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2020年01月18日土曜日


先頭に戻る