宮城のニュース

自分信じ夢へ前進 最後のセンター試験始まる

大学職員らから案内を受け取り、試験会場へ向かう受験生=18日午前8時15分ごろ、仙台市青葉区の東北学院大土樋キャンパス

 本格的な入試シーズンの幕開けとなる大学入試センター試験が18日、全国の689会場で始まった。日程は19日までの2日間で、志願者は前回より1万9131人少ない55万7699人。1990年から続く試験は今回が最後で、次回は大学入学共通テストに衣替えする。

 18日は地理歴史と公民、国語、英語のリスニングを含む外国語、19日は理科と数学を行う。センター試験の得点を入試に使う大学・短大は858校と過去最多。このうち大学は国立82校、公立91校、私立533校の計706校、短大は公立13校、私立139校の計152校が利用する。
 宮城県内の試験会場は東北大川内北キャンパス(仙台市青葉区)や東北学院大土樋キャンパス(同)など11カ所。計9065人(前年度比490人減)が志願した。
 仙台の朝の最低気温は氷点下0.3度と、3月上旬並み。984人が受験する東北学院大土樋キャンパスでは18日午前8時ごろ、開場を待つ受験生が長い列を作った。会場近くで保護者や高校関係者から「頑張って」などと激励を受け、参考書や単語帳を手に緊張した様子で試験に備えた。
 多賀城高の男子生徒(18)は「不安はあるが、今日の国語で高得点を狙い、志望校のボーダーラインに届くよう頑張りたい」と話した。青葉区の浪人中の女子予備校生(18)は「やれることはやってきた。あとは自分の力を信じて臨むだけ」と語った。


関連ページ: 宮城 社会

2020年01月18日土曜日


先頭に戻る